忍者ブログ
僕がクラスたよりに掲載してきた保育の面白いエピソード(体験談)を紹介します☆子どもって最高!!
カテゴリー
 ◆ 5歳児(43)  ◆ 4歳児(34)  ◆ 3歳児(11)  ◆ 自分(7)  ◆ 一言エピソード(15)  ◆ 職員(6)  ◆ 乳児(0)
 カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 フリーエリア
 最新CM
[07/22 さとっち]
[01/15 さとっち]
[12/06 さとっち]
[11/28 あいな]
[11/25 さとっち]
 最新TB
 プロフィール
HN:
たいよー
性別:
男性
職業:
保育師(士)
趣味:
版画・ピアノ
自己紹介:
豊田市男性保育師連盟会長
 バーコード
 ブログ内検索
 P R
 カウンター
[117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 給食にプチゼリーがよく出ます。意地悪な僕はすぐにはあけてあげません。まずは自分でやらせてみる。自分であける努力をした子には優しくあけてあげるんです。ですが、一人、あける努力をしたといえばしたんですが…、なんかこう…、あけてあげる気になれない子がいたんです。だって…、
N君:「あ~!もう早くあけてよぉ!どうしてあけれないんだよぉ!おい、早く取ってよ!」ってお願いするにはあまりに態度がでかいN君。すぐに言うことをことを聞いちゃうのは僕的にはしゃくだったんです。こんな子にはちょっと意地悪を…。
僕:「あれ~、ホントにあかないなぁ。これ
がかかってるわ。」って言ったんです。するとなぜかN君、職員室に一直線。そして、N君:「すみません。鍵ください。」って。おいおい、そうきたかぁ~!職員室の先生はもちろん意味不明。「はっ?何の鍵でしょうか?」と返しました。すると、N君:「この鍵を探しているんだけど。」ってプチゼリーを差し出しました。職員室の先生は笑っている。そして、ジャラジャラ鍵の束を出して、「どの鍵かなぁ?」ってノッてくれました。やるじゃん!(上から目線)そしたら、N君:「これかなぁ…鍵をもってゼリーのふたにガチャガチャ違う!これかなぁ…鍵をもってゼリーにガチャガチャ)違う!もうどれだよぉ!どうしてあかないんだよぉ!」って“ありがとう”も言わずに怒って保育室に戻ってきました。そしたら、近くにいたAちゃんがゼリーを取って口でグググ~!ってあけはじめたんです。なんていい子なんでしょう。すると、N君:「おっ、いいじゃん!もうちょっと!頑張って!」って。そして、な、な、なんとついにゼリーが開いてしまった~!なんてこったぁ!N君、また“ありがとう”も言わずにゼリーをゆっくりと味わっていました。最後まで、態度が大きくて…ん~…なんかゼリーがあいたのが悔しくて…くそぉ~!って…そんな気分でした。僕がね!(笑)

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
comment:
password: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao