忍者ブログ
僕がクラスたよりに掲載してきた保育の面白いエピソード(体験談)を紹介します☆子どもって最高!!
カテゴリー
 ◆ 5歳児(43)  ◆ 4歳児(34)  ◆ 3歳児(11)  ◆ 自分(7)  ◆ 一言エピソード(15)  ◆ 職員(6)  ◆ 乳児(0)
 カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 フリーエリア
 最新CM
[07/22 さとっち]
[01/15 さとっち]
[12/06 さとっち]
[11/28 あいな]
[11/25 さとっち]
 最新TB
 プロフィール
HN:
たいよー
性別:
男性
職業:
保育師(士)
趣味:
版画・ピアノ
自己紹介:
豊田市男性保育師連盟会長
 バーコード
 ブログ内検索
 P R
 カウンター
[39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 年長児3クラスでドッジボールの対決をしました。結果はみんな1勝1敗の名勝負でした。1月~3月に渡って取り組んできた集団遊びのクライマックスは職員室の先生たちとの対決!園長、主任2人、フリー、看護師の大人5人対子ども26人プラス担任です。なんと、結果は僕のクラスたいよう組だけが勝ったんです。みんなすごく喜びました。とっても気分良かったです。そしたら、その日に職員室から1通の手紙が届いたんです。開くと、中には「はたし状」と書いてありました。簡単に言いますと、職員室チームは「負けて気持ち良く終われなかったから、もう一回勝負して勝って気持ちよく終わらせて下さいよ」ってわけ。全く大人気ない。もちろん子ども達は担任に似て優しいから引き受けました。第2戦目。日時が決まり、職員室のホワイトボードにも『たいよう組との対決』とドーンと書いてありました。あっちはやる気マンマンです。
 来たる当日。卑怯なことに、ボランティアで来ていた大学生の男の子が職員室組に入ったんです。たいよう組に実習に来ていてたいよう組に入る予定だったのに、園長のにらみで簡単に寝返りました。こうなったら僕も本気を出すしかない…。もう、迫熱の戦いでした。30分を超える名勝負でみんなヘトヘト。そして、3対3まで追い込まれ、僕も当たってしまい負けてしまいました。みんなすごく悔しがっていました。30分もよく頑張ったよ。ホントに。しか~し、そこで職員室組はですね、子ども達を称える言葉もなく「はぁ~、やったやった。これで気持ちよく終われた」ってさっさと職員室に帰って行ったんです。コノヤロ~!子ども達の気持ちはどうなるんだ~!!全くどっちが子どもかわかりません。一つだけ言えることは、保育者はいつまでたっても、子ども心を持った大人ということですね。
1b1bb6d6.jpeg





拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
comment:
password: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao