忍者ブログ
僕がクラスたよりに掲載してきた保育の面白いエピソード(体験談)を紹介します☆子どもって最高!!
カテゴリー
 ◆ 5歳児(43)  ◆ 4歳児(34)  ◆ 3歳児(11)  ◆ 自分(7)  ◆ 一言エピソード(15)  ◆ 職員(6)  ◆ 乳児(0)
 カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 フリーエリア
 最新CM
[07/22 さとっち]
[01/15 さとっち]
[12/06 さとっち]
[11/28 あいな]
[11/25 さとっち]
 最新TB
 プロフィール
HN:
たいよー
性別:
男性
職業:
保育師(士)
趣味:
版画・ピアノ
自己紹介:
豊田市男性保育師連盟会長
 バーコード
 ブログ内検索
 P R
 カウンター
[44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 M君がかまきりを片手に「ねぇ、先生、虫の結婚の本ある?」と聞きに来ました。「虫の結婚の本?」その発想に笑えました。人間の結婚式場の本だったら見たことあるけど、虫の結婚の本となるとさすがにお目にかかるのが難しい。
僕:「どうしてその本を探しているの?」と尋ねると
M君:「どうやって虫を結婚させるのか知りたいの!」って。 
げっ!虫を強制的に結婚させるのかぁ。さらに難しいなぁ。
僕:「そんなのわからないや」 困った僕は逃げました。そして、この日は、小学校の先生がクラスに研修にみえていました。その先生が担当教科が理科だと言っていたのを思い出し、
僕:「そういうことは小学校の先生が詳しいよ」って学校の先生にふったんです。
M君:「えっ?ホントに?やった~!」 喜んで走って行きました。
僕は自分で自分のことを超ひきょう者だと思った…。それから間もなく、M君がすぐに「よっしゃ~!」って喜んでいたんです。学校の先生はこの難題に一体、どんな魔法の言葉をかけたのでしょう?すっごく気になったので、M君を呼んで
僕:「学校の先生何て教えてくれたの?」と聞くと、
M君
「かまきりのおしりとおしりをひっつければいいんだって!」
「え~~!!」
びっくりしました。すごい魔法の言葉だ。それにしてもほんとかぁ~??
 M君は2匹のかまきりのおしりとおしりを必死にくっつけています。かまきりにとっては迷惑な話です。学校の先生も、その言葉に責任を持つこともなく他児とカードゲームしてるし。

 それから給食後、M君に「かまきり結婚できた?」と聞きました。そしたら
M君
「はぁ?結婚しなくてけんかしたわ!」
怒られました。
087.jpg








拍手[8回]

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
comment:
password: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao