忍者ブログ
僕がクラスたよりに掲載してきた保育の面白いエピソード(体験談)を紹介します☆子どもって最高!!
カテゴリー
 ◆ 5歳児(43)  ◆ 4歳児(34)  ◆ 3歳児(11)  ◆ 自分(7)  ◆ 一言エピソード(15)  ◆ 職員(6)  ◆ 乳児(0)
 カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 フリーエリア
 最新CM
[07/22 さとっち]
[01/15 さとっち]
[12/06 さとっち]
[11/28 あいな]
[11/25 さとっち]
 最新TB
 プロフィール
HN:
たいよー
性別:
男性
職業:
保育師(士)
趣味:
版画・ピアノ
自己紹介:
豊田市男性保育師連盟会長
 バーコード
 ブログ内検索
 P R
 カウンター
[40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ある所に、それはそれはパンの大好きなS君とK君がいました。二人はパンが大好きで、給食のメニューがパンだと大喜び。パンの日はなぜか、「いただきます」の時にはロールパンの上がはげています。なぜでしょう?僕がにらむと、何も聞いていないのに「食べてないよ」と言います。そして、今日も僕の目を盗んでパンの上の部分をちぎってパクリ。食べた後には必ずこちらを向いて、見られていないか確認します。バレバレだぞ~!
 ある日、「ごちそうさま」をして食器を片付けていた時のことです。ふと気がつくと、残った(誰かが残した)パンを、S君が片っ端から食べているではありませんか。うぉ~い!またか!」 そうなんです。これはパンの日の恒例の姿。衛生的によくありませんので止めるんですが、気がつくと食べているんです。何度注意しても彼の勢いは止まりません。そしてK君の方を見れば、あちらではどこから取ってきたのか、立ちながら誰かのパンをかじっていました。入園当初、28人の子ども達はまだ色々なことができません。忙しさマックスなわけです。「くそ~、どうしたらいいんだ」と悩んだあげく、目の前でパンを食べ続けているS君に「K君に座って食べるよう教えてあげて」とお願いしたんです。S君も座ってなかったけど!そしたら、行きました。これが誤算だったわけで、二人のパン男爵の壮絶な戦いが始まったんです。
S君
「だめだよ~! ドン! モグモグモグ」
K君
「なんだよ~! ドン! モグモグモグ」
二人はパンを片手に持って、食べながら押し合いを始めたんです。パン男爵が怒っています。そりゃ~いきなり「だめだよ」って押されてもわけわかりませんよね。怒りたくもなります。それにしても、パンを持ちながら、パンをかじりながら、なんてかっこ悪い戦いなんだろう…。
 結局、僕が二人を座らせて食べさせました。パンを取り上げると、ものすごく怒るし、これ、いつまで続くかなぁ…。
021.jpg




拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
comment:
password: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao