忍者ブログ
僕がクラスたよりに掲載してきた保育の面白いエピソード(体験談)を紹介します☆子どもって最高!!
カテゴリー
 ◆ 5歳児(43)  ◆ 4歳児(34)  ◆ 3歳児(11)  ◆ 自分(7)  ◆ 一言エピソード(15)  ◆ 職員(6)  ◆ 乳児(0)
 カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 フリーエリア
 最新CM
[07/22 さとっち]
[01/15 さとっち]
[12/06 さとっち]
[11/28 あいな]
[11/25 さとっち]
 最新TB
 プロフィール
HN:
たいよー
性別:
男性
職業:
保育師(士)
趣味:
版画・ピアノ
自己紹介:
豊田市男性保育師連盟会長
 バーコード
 ブログ内検索
 P R
 カウンター
[100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 年長さん後半になると、字や数に興味を持ち始め、女の子を中心に手紙のやりとりが始まります。家で書いてきて、「はい」とかわいい封筒に入れてくる女の子の姿はよくある光景です。そんな中、2人の男が手紙のやり取りに便乗しました。女の子達が手紙で交流を深めているのに対し、この2人は自分の思いを伝える手段として手紙を使ったんです。明らかに目的が違う!どちらもKちゃんに対する熱烈なアプローチなんです。まぁ、俗に言う『ラブレター』ってやつです。これを、のぞき見しちゃってからは面白くてやめられない!早く読みたくて、笑いたくて、もう楽しみでした。ちなみに、これから公開するのはプライバシーです。トップシークレットですよ☆内緒でお願いします!では、K君とY君のラブレターの中身をこっそりお伝えしましょう。

・Kちゃんへ Kちゃんわ うそなきするときありますか もちろんぷーるでもなきますか Kより

・Kちゃんえ Kちゃんわ だれとおどりたいの? Yより

・Kちゃんへ Kちゃんわ なんのどうぶつがすき Kより

・Kちゃんへ Kちゃんわ だれとけこんするの はてな こたえてね Kより

・Kちゃんえ けってKちゃんすき? ふんてほからだ Yより

・Kちゃんへ Kちゃんわ どんぐりすき Kより うんちまん ぼくわうんちまん だいじょうぶ

いや、大丈夫じゃないだろ!ちょっと壊れてきましたねぇ。二人とも最後の方の手紙はちょっぴり意味不明。Y君の「けってすき?」の文章は、てっきり“毛”のことかと思ったら、ひらがなの“け”という字のことだそうです。この段階でK君の方がアプローチ度が高いですね。一歩リードってとこでしょうか。しかし、これだけ手紙を出しているのにKちゃんからは煙たがれる二人。相手にされません。返事が全く来ないことに苛立ち「もう返事くれないからムカムカする手紙書いた!」とこんな手紙を書きました。

・なんだよーもーかかないからー そちもかかないでね Kより

そち(そっち)もかかないでねって。最初から書いてないじゃ~ん(笑)そして、怒りの矛先はライバルのY君へ…。

・Yへ さるだね Kより

でも、これで諦めきれないK君は再度アプローチを続けました。

・Kちゃんへ だれとけこんするの こたえてね Kより

すごいすごい!押しまくりだ~!そして、ここでまさかの奇跡が!!なんと、この手紙に対しての返事がKちゃんから届いたんです。

・KくんとSくんだけど いちばんすきなのわKくん

おぉぉぉぉぉ!!!すげ~!!!両思いだぁ!!!
この手紙を読んでいると時のK君の顔見せたかったなぁ。ずっ~~と、ニヤニヤにやけてるんだもん(笑)コノヤロ~~~!Y君は候補にすら入らずに無残に散りました。知らないうちに振られたってヤツです。このK君の手紙を見たらきっとショックを受けるんだろうなぁ…。
 それにしても、二人とも最初は煙たがられていたはずなのに、やはり女は押しに弱いのでしょうか
?「押せ押せでいったらこうなるんだぜ!」って6歳のK君が担任へ教えてくれた素晴らしい授業でした。夢と希望を与えてくれました!ありがとう!そして、みんな、頑張りましょう!K君に続け~~!!
PB281455.jpg




拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
comment:
password: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao