忍者ブログ
僕がクラスたよりに掲載してきた保育の面白いエピソード(体験談)を紹介します☆子どもって最高!!
カテゴリー
 ◆ 5歳児(43)  ◆ 4歳児(34)  ◆ 3歳児(11)  ◆ 自分(7)  ◆ 一言エピソード(15)  ◆ 職員(6)  ◆ 乳児(0)
 カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 フリーエリア
 最新CM
[07/22 さとっち]
[01/15 さとっち]
[12/06 さとっち]
[11/28 あいな]
[11/25 さとっち]
 最新TB
 プロフィール
HN:
たいよー
性別:
男性
職業:
保育師(士)
趣味:
版画・ピアノ
自己紹介:
豊田市男性保育師連盟会長
 バーコード
 ブログ内検索
 P R
 カウンター
[24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 幼稚園から保育園に転勤になりました。保育園と言ったら乳児の赤ちゃんがいます。やっぱり赤ちゃんってかわいいです。見ているだけで自然に笑顔になっている自分がいます。
 土曜日の遅番勤務の日、初めて乳児のクラスに入りました。まだ、お昼寝前ですが、0歳児のMちゃんは眠たくて寝てしまったんです。他の子はまだ外で遊んでいますし、寝ているMちゃんから目を離すのもよくありません。そこで、女の先生が持ってきたのが憧れの?おんぶひもでした。女の先生がしているのを見たことはあるが使ったことはない。というか男性が使っているところも見たことはない。使い方なんかさらさらわからない。けど、なんか興味があったんです。僕も保育士ですし経験したかった。そして、「僕がおんぶしてもいいですか?」と聞きました。そしたら、女の先生はニヤニヤ笑いながら「やってみるか?」と僕につけてくれました。見事な手際の良さで、僕の背中にMちゃんとおんぶひもがセットされたわけで…。“これが(密かに)憧れていたおんぶひもか~”と余韻に慕っていると、職員室の女の先生達が
「ギャッハッハッハ~!」って笑いながら僕の所に来ました。それから、笑いながら「いいよ~、似合っとる似合っとる!」って。男性保育士は少ないですし見慣れぬ光景に笑われるのも当たり前。いっぱい笑われました。いいぜ!笑ってくれよ(笑)
でもね、なんかちょっと親の気分を味わえて幸せを感じたひと時でした。それから4年、おんぶひもは使っていません。2回目のおんぶひもを使うのはいつになるかなぁ…。
007.jpg



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
comment:
password: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao