忍者ブログ
僕がクラスたよりに掲載してきた保育の面白いエピソード(体験談)を紹介します☆子どもって最高!!
カテゴリー
 ◆ 5歳児(43)  ◆ 4歳児(34)  ◆ 3歳児(11)  ◆ 自分(7)  ◆ 一言エピソード(15)  ◆ 職員(6)  ◆ 乳児(0)
 カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 フリーエリア
 最新CM
[07/22 さとっち]
[01/15 さとっち]
[12/06 さとっち]
[11/28 あいな]
[11/25 さとっち]
 最新TB
 プロフィール
HN:
たいよー
性別:
男性
職業:
保育師(士)
趣味:
版画・ピアノ
自己紹介:
豊田市男性保育師連盟会長
 バーコード
 ブログ内検索
 P R
 カウンター
[29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 隣のクラスの子ども達が砂場で、先生と一緒に穴を掘っていました。そう、それは誰かを落とすための落とし穴。誰かを落としたくてわくわくしながら一生懸命掘っていたんです。落とし穴の中には水もたっぷり入っています。裸足で遊んでいた僕はうってつけの相手です。きましたきました。「よし、たいよう先生を落とそうよ」と聞こえてきました。しょうがないなぁ。期待に答えなければ…。
「ねぇ、ちょっとこっちにきてよ」と女の子が呼びに来ました。ネタは分かってはいましたが、こういう時は保育者の演技力が問われます。「なんで~?」と言われながら目の前にいたS君もついでに連れていきました。「なんだなんだ~?」ととぼけながらフラフラ~と砂場へ近づいていき、みんなの期待に思い切り答えようと「うわぁ~!」と迫真の演技でドボンと穴に落ちました。S君を巻き添えにして…。「やった~!」とすごく喜んでいました。よかったよかった。さて、S君はと言いますと、穴にはまったことが楽しかったのか、ニコニコしながら僕にこう言ったわけです。「おい、びっくりしておしっこちびっちゃったじゃないか!」って。。。えっ?マジで??げっ、ホントにズボン濡れてるし…。ひぃ~!こっちがびっくりだよ!
そう、誰よりもみんなの期待に答えてくれたのは、僕ではなくS君だったんです。その水のたっぷり入った落とし穴は、泥水か泥しっこかわからなくなってしまった!直ちに消毒!!そして埋められた!
僕は一つ勉強になりました。漫画やテレビではよく見るけれど、びっくりするとおしっこってホントに出ちゃうんだね!
PC250575.jpg



拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
comment:
password: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao