忍者ブログ
僕がクラスたよりに掲載してきた保育の面白いエピソード(体験談)を紹介します☆子どもって最高!!
カテゴリー
 ◆ 5歳児(43)  ◆ 4歳児(34)  ◆ 3歳児(11)  ◆ 自分(7)  ◆ 一言エピソード(15)  ◆ 職員(6)  ◆ 乳児(0)
 カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 フリーエリア
 最新CM
[07/22 さとっち]
[01/15 さとっち]
[12/06 さとっち]
[11/28 あいな]
[11/25 さとっち]
 最新TB
 プロフィール
HN:
たいよー
性別:
男性
職業:
保育師(士)
趣味:
版画・ピアノ
自己紹介:
豊田市男性保育師連盟会長
 バーコード
 ブログ内検索
 P R
 カウンター
[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 出ました!ごきぶりです。オレンジの中くらいが転がっていました。まだ生きています。S君が作っていた秘密基地の中に侵入していました。
僕:「うわぁ~ごきぶりだ~!」
大抵の生き物には触れますがごきぶりは苦手です。僕の声を聞いて他の子が集まりました。そして、R君がティッシュを持ってきて捕まえようとしました。
僕:「(よし、いいぞ~やってくれ~)」僕は心の中で思っていました。すると、
S君
「やめろ~!やめてくれ~!」って突然叫んだんです。
捕まえようとしていたR君や周りの子たちの動きが止まりました。そして、
S君:この子は今お家に帰ろうとしてるんだよぉ。そんなことしちゃだめ~!」って。
そんなこと思いもしませんでした。だって、ごきぶり=やっつける! が人間の暗黙の了解じゃないですか?そのまま逃がしてやるのもどうかなぁと思ってしまっていた僕は、言葉が出ませんでした。そしたら、R君がティッシュをもう一枚持ってきて「おりゃっ!」って捕まえてギュッとつぶしちゃったんです。その瞬間、S君が「うわぁ~!!」と泣きながら僕をめったうちにたたきました。「いったいなぁ。やめろよ。先生は何もしてないぞ~!」必死に責任を逃れようとする僕でした。でも、本当に何もしてないし(笑)
突然現れたごきぶりを守るヒーロー。人間にとって正しいのは一体とちらなんでしょうか?
PC120492.jpg





拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name:
title:
color:
mail:
URL:
comment:
password: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao