忍者ブログ
僕がクラスたよりに掲載してきた保育の面白いエピソード(体験談)を紹介します☆子どもって最高!!
カテゴリー
 ◆ 5歳児(43)  ◆ 4歳児(34)  ◆ 3歳児(11)  ◆ 自分(7)  ◆ 一言エピソード(15)  ◆ 職員(6)  ◆ 乳児(0)
 カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 フリーエリア
 最新CM
[07/22 さとっち]
[01/15 さとっち]
[12/06 さとっち]
[11/28 あいな]
[11/25 さとっち]
 最新TB
 プロフィール
HN:
たいよー
性別:
男性
職業:
保育師(士)
趣味:
版画・ピアノ
自己紹介:
豊田市男性保育師連盟会長
 バーコード
 ブログ内検索
 P R
 カウンター
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 一つ前に紹介した“熱烈アプローチ”ですが、K君とY君以外にもう一人頑張っていた男の子がいたんです。その名もY君。違う人物ですがまたまたY君になってしまいましたので、ここではY太郎と呼ばせてもらいます。
 前回お話した手紙、どのようにしてKちゃんまで届いていたかといいますと、な~んと、Kちゃんのロッカーの前に郵便ポストが設置されたんです。ロッカーを見渡すと一人だけ特別感が漂っていました。それだけKちゃんは男の子の中でアイドルなんですよね。勝手に設置したK君とY君もなかなかユニークな行動に笑えます。手紙を書くとKちゃんのロッカー前のポストに投函します。しばらくすると、Kちゃんが「もぉ!また入ってる!」ってプンプンしながら一通り目を通します。そして、返事も書かず、それを手元に置いてKちゃんは自分の遊びをしています。
 話を戻します。実は、K君とY君の横でY太郎も、一生懸命自分の気持ちを手紙に書いていたんです。女の子に興味がないように思えましたが、実は密かに思いを寄せていた模様。何を書いているかのぞきたくて近づくと隠されるんで、チャンスを待つことにしました。そして、Y太郎が投函した後、Kちゃんがそれを読んでいたのでのぞき見しようと近づきました。そしたら、
な~んと、あっという間にゴミ箱に捨てられたんです!!ひどい!ひどい!ひどすぎるよKちゃん!そんなにひどい内容が書いてあったんでしょうか?気になりましたのでゴミ箱からそれを取り出して見てみました。そこにはこう書いてありました。

ゆう〇(名前)

自己紹介かよ!!だ~めだこりゃ!捨てられるのも無理ない!しかも3枚も名前の手紙が入っとるぅ~!どれだけ名前のアピールしてんのよ!
 でもね、よ~く考えたんです。Y太郎(ゆう〇)はやっと名前が書けるようになったんです。頑張りました。これが、今できる、最高のラブレターだったんですよ。先生にはその思いちゃんと伝わったぜ☆でもさ、こんな手紙でみんなのアイドルKちゃんを振り向かせようとは…ちょっと無理があるよね。
PB281458.jpg



拍手[2回]

PR
 年長さん後半になると、字や数に興味を持ち始め、女の子を中心に手紙のやりとりが始まります。家で書いてきて、「はい」とかわいい封筒に入れてくる女の子の姿はよくある光景です。そんな中、2人の男が手紙のやり取りに便乗しました。女の子達が手紙で交流を深めているのに対し、この2人は自分の思いを伝える手段として手紙を使ったんです。明らかに目的が違う!どちらもKちゃんに対する熱烈なアプローチなんです。まぁ、俗に言う『ラブレター』ってやつです。これを、のぞき見しちゃってからは面白くてやめられない!早く読みたくて、笑いたくて、もう楽しみでした。ちなみに、これから公開するのはプライバシーです。トップシークレットですよ☆内緒でお願いします!では、K君とY君のラブレターの中身をこっそりお伝えしましょう。

・Kちゃんへ Kちゃんわ うそなきするときありますか もちろんぷーるでもなきますか Kより

・Kちゃんえ Kちゃんわ だれとおどりたいの? Yより

・Kちゃんへ Kちゃんわ なんのどうぶつがすき Kより

・Kちゃんへ Kちゃんわ だれとけこんするの はてな こたえてね Kより

・Kちゃんえ けってKちゃんすき? ふんてほからだ Yより

・Kちゃんへ Kちゃんわ どんぐりすき Kより うんちまん ぼくわうんちまん だいじょうぶ

いや、大丈夫じゃないだろ!ちょっと壊れてきましたねぇ。二人とも最後の方の手紙はちょっぴり意味不明。Y君の「けってすき?」の文章は、てっきり“毛”のことかと思ったら、ひらがなの“け”という字のことだそうです。この段階でK君の方がアプローチ度が高いですね。一歩リードってとこでしょうか。しかし、これだけ手紙を出しているのにKちゃんからは煙たがれる二人。相手にされません。返事が全く来ないことに苛立ち「もう返事くれないからムカムカする手紙書いた!」とこんな手紙を書きました。

・なんだよーもーかかないからー そちもかかないでね Kより

そち(そっち)もかかないでねって。最初から書いてないじゃ~ん(笑)そして、怒りの矛先はライバルのY君へ…。

・Yへ さるだね Kより

でも、これで諦めきれないK君は再度アプローチを続けました。

・Kちゃんへ だれとけこんするの こたえてね Kより

すごいすごい!押しまくりだ~!そして、ここでまさかの奇跡が!!なんと、この手紙に対しての返事がKちゃんから届いたんです。

・KくんとSくんだけど いちばんすきなのわKくん

おぉぉぉぉぉ!!!すげ~!!!両思いだぁ!!!
この手紙を読んでいると時のK君の顔見せたかったなぁ。ずっ~~と、ニヤニヤにやけてるんだもん(笑)コノヤロ~~~!Y君は候補にすら入らずに無残に散りました。知らないうちに振られたってヤツです。このK君の手紙を見たらきっとショックを受けるんだろうなぁ…。
 それにしても、二人とも最初は煙たがられていたはずなのに、やはり女は押しに弱いのでしょうか
?「押せ押せでいったらこうなるんだぜ!」って6歳のK君が担任へ教えてくれた素晴らしい授業でした。夢と希望を与えてくれました!ありがとう!そして、みんな、頑張りましょう!K君に続け~~!!
PB281455.jpg




拍手[2回]

 子ども達はトイレに行く時、丁寧に「トイレ行ってきます」と言ってからトイレに行く子が多いです。とても丁寧ですね。もう年長児になると、「別に言わなくてもいいよ」なんて冷たい返しをしてしまう心の冷たい僕です。
 H君は給食の時にトイレを我慢していたようです。食事中にトイレに行くことへのマナーを日頃から伝えているからです。(どーしても我慢できない時はもちろん行かせますよ)給食を食べ終わると僕の所へ来て、
H君
「先生!おしっこに行ってきます!」
と保育室を飛び出して行きました。そして一分後…、
気持ちよく戻ってきたかと思いきや、そわそわ慌ててこう言いに来ました。
H君
「間違えました!やっぱりうんちに行ってきます!」
え~!いちいち言わなくていいしぃ!慌ててました。走ってトイレに向かいました。笑えました。
「おしっこに行ってきます!」と勢いよく飛び出してから約一分間。何をしてたんでしょう?どんな葛藤がH君の中であったのか気になります。わざわざ、それを言いに戻ってきてくれるなんて本当にご丁寧にどうも☆ご報告ありがとっ☆
012.jpg



拍手[3回]

保育室でみんなが描き上げた“万国旗”をひもにつけていました。そう、僕は真面目に仕事をしていたんです。床に座ってやっていました。ただただ静かに誰にも迷惑がかからないようつけていました。それなのに…、くそ~、思い出しただけで怒りが込み上げてくるぜ~!
 床に座って作業していると、コロコロコロ~何かが転がってきました。「何だ??」と思っていると、どんどんどんどんコロコロコロ~コロコロコロ~って転がってきます。そいつはどんどんどんどん数を増やし、気がつけば僕の周りを囲んでいました。そいつの正体はあの忌々しい栗のトゲトゲです。なんでこんなに栗のトゲトゲがあるかと言いいますと、子どもが「ばーちゃん家で採れた」とうれしそうにたくさん持ってきてくれたからです。ゴム手袋付きで。だから普段は痛くて触れない代物も、ゴム手袋をはめて子ども達は喜んで触っています。
 話を戻します。僕の周りにすごい量のトゲトゲ包囲網ができたもんですから「なんでこんなことするんだよ?」と聞くと「太陽先生がここから出られないようにするため!」と子ども達がニヤニヤしながら答えました。どうやら積年の恨みを晴らそうとしているらしい。僕を閉じ込めて自由を手にしようという腹だろうか…そうはさせない!
こんなものきかね~よぉ!とぉ」ってかっこよくスーパージャンプで飛び越えてやりました。ここで栗を使った反逆は終わったと思われました。しかし、この後、恐ろしいことが起こったんです。なんと、みんなのために雑巾を手洗い場で洗っていた僕にR君とY君が近づき、「おりゃ!と思い切り刺したんです。二つのトゲトゲを!僕のお尻にグサッ!っと! ギャ~!!です。わかります?ほんとわかります?この痛み。この恐ろしさ。僕は、ジャージのズボンをはいていましたので、一本も防げることなく皮膚まで貫通したかと思われます。お尻から血ぴゅ~!って吹き出る感じ?そう、まさにあんな感じです。血が出ていないか確かめちゃいましたよ。
まったく、ものすごい攻撃だったぜ!なかなかやるじゃないか。確実に今までの保育生活で一番の攻撃だった。さすが僕の教え子だ!涙がちょっと出ちゃったけど、
先生はこんな面白いことが大好きなんだぜ”!
010.jpg



拍手[5回]

かわいい子どもからこんな年賀状が届きました。はがきには大きくこんなことが書かれていました。かなりの上目線、そして僕のことを完全に友達だと思っている一言です。
K君:「またあそんであげる
(5歳児男児)
僕は遊んで頂いていたのね(笑)
014.jpg


拍手[2回]

D君:「先生、俺のおなかの中にが入っとる…」
うぉっと、衝撃的な言葉だ。
僕:「なんで毒が入っちゃったの?」
D君:「だってね、最近俺、“どくどみ茶”飲んでるもん」
なるほどなるほど。(ピ~ンときた)
僕:「それは一体どんなお茶なの?」
D君:「お茶の中にが入っとるの。だからちょっとやばい」
これ、“どくだみ茶”のことですよね。それにしても、「お茶の中に毒が入っている」と認識しているのに、それを飲もうという気持ちによくなりますよね。お茶の中に…そんな恐ろしい飲み物、無理だ。飲めない!
P6170330.jpg






拍手[1回]

 “文化系”とタイトルに出していますが、別に文化系を否定してる訳じゃないです。ただ、子どもは“風の子”ですから…。僕が、ちょっと一緒に外で遊びたかっただけです。この年に初めて、子どもの姿に合わせて保育をしていく大切さに気付かされました。

 それにしても、この子達、室内遊びが好きなだけに驚くことが多かったです。運動会が終わった11月くらいからあらゆる才能が開花し始めたんです。
11月、歌を歌いました。僕は、歌が好きですから毎月2~3曲新しい歌をどんどん歌っていきます。この日、また新しい歌を子ども達に伝えました。そして、その日の午後、二人の子が「こうだったよねぇ」「こうじゃない?」とさっき弾いたばかりの歌を弾き始めたんです。びっくり~!初めて聴いた曲がもう頭にインプットされとる~!てか弾いとる~!
12月、生活発表会で行う劇(オペレッタ劇)の曲を全てマスター。楽譜は読めないし、ピアノ習っている子はクラスで一人。勝手に弾いてるんです。音を探しながら…。14人の女の子達が次々と弾けるようになりました。  のだめか??
極めつけは、隣のクラスから聞こえてきた『水戸黄門』を弾いた時です。そして、僕のクラスで踊っていたヒゲダンスの曲も全てピアノで弾き始めました。テレビやカセットの特殊な音まで聴き分けとるしぃ~!確実に絶対音感ついとる~!
3月、「お別れ会がしたい」と自分達から申し出がありました。任せました。司会から自分たちで行い、締めは自分たちで作詞作曲した僕に感謝を込めた歌。弾く人と歌う人に別れてやってくれました。もう、「すげ~!」としか言いようがない!泣けるじゃ~ん!
踊るのがすごく好きで、一年中踊っていました。運動は嫌いなのに…。HIP HOPを習っていた子が友達に教え、それがクラスに浸透しました。そして、「コンサートに行ってきま~す」って色々なクラスにダンスを発表しに行きました。踊りが凄すぎて僕は一曲も踊れませんでした。
LaQというブロック知っていますか?すごく細かいブロックなんです。その難しさはやってみれば分かります。平面から立体まであらゆる細かいパーツを組み合わせて形にしていくんです。それをですね、男達はずっと取り組んでいるもんですから、それはそれはすごい!例えば「ちょっとライオン作って」と言えば10分足らずで立体のライオンが出来てしまう。頭の中に一瞬にして立体のイメージ(設計図)が出来てしまうんです。明らかに作品が他の②クラスとはレベルが違って先生たちが感心しておりました。
 他にも話せばキリがないほどすごいことがたくさんありました。運動をしてこなかった分、違う分野でこの子達は素晴らしい才能を発揮していたというお話でした☆
P6170325.jpg




拍手[5回]

忍者ブログ [PR]

ILLUSTRATION BY nyao